神戸発信★しっぽの家ペットシッターSOS 東神戸・芦屋店を運営しています。
お料理、愛犬、ガーデニングのことなど気ままに綴るブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
タイのグリーンカレーに初挑戦! 22:22



今日も無心でカレーを作っていました。(^▽^)/


ゲーンキョウワーン(なすと鶏のグリーンカレー)をペーストを

使わずに一から手作りました!


レシピは、インド料理研究家の香取薫先生の「うまい、カレー。」

中からピックアップ。インドやアジア各国、欧風のカレーなど いろいろ載っています。


この本のアジアカレーのレシピは、いつも習っている たなかまみ先生が

担当されているんです。


今までは、タイのグリーンカレーを作る時は、市販のペーストを使っていたのですが

まみ先生に、やはり 一から作ると数段おいしいと聞き 挑戦です(^^)


事前にかなり、材料など 先生に相談しまくりました (>▽<;; アセアセ



じゃじゃ〜〜〜ん!!


今回は代用品は ナッシング!


全て、ちゃんと 本場の野菜、ハーブ、スパイス、調味料を使いました。


スパイスは、だいたいあったのですが、今回 見たことも聞いたことも

なかったのが、まず 小さい赤いにんにくみたいな野菜。




スライスするとこんなの。


ホムデン(赤わけぎ)です。


タイ料理によく使われる野菜。玉ねぎっぽい香りでした。


あと、バットの左下の しょうがみたいな野菜も初めて。


カー(なんきょう)と言います。


しょうが科の植物で、胃腸の働きを良くしてくれるらしい。


丸い葉っぱは、こぶみかんの葉。柑橘系の香りがします。


神戸元町の中華街にある、八百屋さんでは普通に買えます。


レモングラスや赤と緑のプリッキーヌ(唐辛子)、香菜は、アジア料理の

レッスンで出てくるのでお馴染です(^^)



スパイスを炒って粉にするところから 始めます。


ふふふ。何か 楽しい。ワクワクします。




粉にしたスパイスに いろいろな野菜やハーブ、ココナッツミルクを入れて

フープロでペースト状にするのですが・・・・・




旨みを加える タイの調味料を入れます。


カピ(えびのペースト)、発酵調味料。


独特の香りです。


普通のスーパーには売っていませんが、中華街のお店では手に入ります。



意外に早く グリーンペーストが完成です。


すでにキッチンは タイ料理屋さんの匂いで充満・・・・・(^^;)


速攻で、食洗機につっこんでいきます(笑)





ナンプラーも使いますが、甘味はこのパームシュガー


ココナッツシュガー。懐かしいお菓子みたいな香りですよ。



1時間ほどで 完成しました。


おいしそう〜〜〜o(*^▽^*)o~♪



カレー作りに取りかかる前に、ジャスミンライス(タイの香り米)を炊いていました。


ちょうど、こちらも炊き上がり。


こんもり盛って、カレーを。香菜を飾ります。


う、うま〜〜〜い!!


買ったペーストより自然な味がします。


一つ一つの食材の味がはっきりわかるというか・・・・


そして、辛い〜〜〜〜〜〜っ (^▽^;)


唐辛子の量がどのくらいで、どんな辛さなのか わかりました(笑)


残りの食材は ほとんど冷凍もOK。また、ちょくちょく 作ります。

























月9、見ました。段々、面白くなってきましたね〜

今朝、体重を計ったら フィットネスに行く前と全く変わってなくて
ショックを受けました。動いた分以上に食べているようです。
運動してなかったら、もっと増えていたということですね(><)

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村
| アジア料理 | comments(12) | trackbacks(0) | posted by リンゴ -
スポンサーサイト 22:22
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








お 簡単にできたようでよかった×2
パクチーの色の濃いやつをなるべく選び、グリーンの素を少し増やすとすごく綺麗な色に仕上がりますよ。
タイカレー3種の中でグリーンは一番辛い。
だって緑の色は唐辛子とパクチーだもの(笑)
posted by mami | 2012/11/20 12:10 AM |
mamiさんへ

いろいろ教えていただいてありがとうございます!
途中も皮むくのだろうか・・・とか小さい疑問は
いくつか出てきましたが、もう ペースト状に
なってしまえば、こっちのもの(?)と言う感じで
何とか出来上がりました。

市販のグリーンカレーより辛くできました。
私は辛いの好きなのでおいしかったです。
緑の唐辛子が全部、大きめだったせいかもしれないです。

ホムデンを買いに行ったら、ネットに何十個も入っていて
おばちゃんが「足らなかったら、まだあるから言って」と(笑)
十分です・・・・と言って買ってきました・・・・
posted by リンゴ | 2012/11/20 12:20 AM |
うわー、食べたいです〜!
グリーンってやっぱ辛いんですね。私はあんまり(グリーンじゃないのも辛い)感じませんが。
それにしても、リンゴさんの行動力には脱帽です。
いつもやらない言い訳を探してしまう自分をどうにかせんと(^^;)
posted by ひまわり | 2012/11/20 1:48 PM |
ハーブ・スパイスの画像、貴重です。 
よく、これだけ揃えましたね。
カピもパームシュガーもすごい!!
全然、手抜きしてませんね。

私、グリーンカレー、大大大好物なんです!!(笑
でも、いつも市販のペースト使用だけどね。(苦笑

昔、タイで食べたクリーンカレー(10年以上前です)はやっぱり、日本の市販のペーストで作ったのとは、雲泥の差でした。

リンゴさんのグリーンカレーも、きっと本場のお味何でしょうね!!
posted by ノビママ | 2012/11/20 6:17 PM |
これまた本格的な!
グリーンカレー、私は無印のペーストしか使ったことがありませんが辛さが脳天にきますw

リンゴさんを見習って、来年は「丁寧に料理する」を目標にします!
posted by あびぼんご | 2012/11/20 6:39 PM |
す、すごーい!
材料を集めるだけでもハードル高いですね。
でもリンゴさんは、それも含めて楽しんでおられる様子。
タイ料理やさんも開けますね。
posted by そらまめ | 2012/11/20 7:49 PM |
ひまわりさんへ

買い物前、まみ先生の教室でしっかり、レシピを見て
足らない材料をチェックしていなかったため、
結局また、三木商店、林商店まで行くはめに
なりました(笑)

私は元町に近いので、わりとフットワーク軽く
いろいろ専門材料を揃えられます。
ひまわりさんの家からだと、ちょっと遠いですよね。
posted by りんご | 2012/11/21 12:39 PM |
ノビママさんへ

私も今まで、市販のペーストで十分、おいしいと
思ってましたよ(^^)まずいのもありますけど・・・

でも、やっぱり日本のカレーでもレトルトより
本物のほうがおいしいですし、保存料も入ってないので
手作りのほうが、味が良かったです。

材料は日持ちしたり、冷凍できるので 意外に
揃えても無駄になりませんよ。
東京だといろいろ売ってそうです。
posted by リンゴ | 2012/11/21 12:43 PM |
あびぼんごさんへ

ちょうど、昨日3人で話していて あびぼんごさんも
使われている無印のグリーンカレーのペーストが
辛くておいしいと聞きました。

試したい〜けど、もう、材料があるので これで
作らなくては・・・(笑)

あびぼんごさんはお料理上手で手際も良いので
もっともっと、おいしくてすごいメニューが
簡単にできますよ(^^)
posted by リンゴ | 2012/11/21 12:46 PM |
そらまめさんへ

いいえ、いいえ。単に先生のレシピを見て
なんだこりゃ?という材料は質問して、どこで売っているか
聞いて買っているだけです(笑)

幸い、アジア料理食材は元町近辺や北野のほうに
行けば安くで簡単に手に入ります。

その材料を使って 教えてもらった通りに作って
るだけです(^^;)

ただ、見た目にこだわるので、器や盛り付けは
がんばります(笑)
posted by リンゴ | 2012/11/21 12:48 PM |
楽しく読ませていただきました。

次の金曜日にタイ料理のナムトックムーというものを作ろうと思い、ホムデン(赤わけぎ)を購入したくて色々探しているとここにたどり着きました。

神戸に住んでいるのですが、ホムデンも南京町に行けばありますか?楽天とかで購入しようと思うと送料が高くて笑
posted by yoichi | 2018/04/15 6:36 PM |
yoichiさん

ずいぶん前の投稿ですが、コメント
ありがとうございます。

神戸の南京町にある、八百屋さんは
閉店してしまったのですが、
ホムデンは、林商店にあるはずです。
南京町のあの通りの南側です。
林には、タイの調味料も揃っていて
しかも、安いです。
posted by リンゴ | 2018/04/15 8:01 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sipponoie.jugem.jp/trackback/908
<< NEW | TOP | OLD>>